Q00.★噴霧器のご利用について

A.行政府の発表どおり、新型コロナウイルスの飛沫感染(空気感染)に対するもっとも有効な対策は『換気』ですからまずは換気を主にしてください。

☆換気を行いながらの噴霧器利用は、窓を開けてクーラーをつけるようなもので効果は期待できません。

☆当社製品の噴霧による健康被害は報告されていませんが、諸事情で有人下の噴霧器運用ができない場合、就業後など無人下での運用をおすすめします。

☆噴霧に期待される効果は、「物品の落下菌などの抑制」>「空間除菌」です。物品にはホコリなどが舞い上がる有人下より、むしろ無人下の方が好都合です。

☆日常的に利用されるハンドスプレーの使用も一種の噴霧行為で、人に向けていないとはいえ至近距離での利用は噴霧器よりも吸引リスクが高いと思われます。

☆行政府はこうした噴霧行為に言及していませんが、次亜塩素酸ナトリウム溶液やアルコール等、肌への刺激性があるものは誤って吸引しないようご注意ください。

☆当社では現在ステリパワー専用噴霧器を取り扱っておりません。他社製品をご利用の場合は故障のリスクもふまえてお客様のご判断でご利用ください。

☆当社が販売した『J-BOY』、『ウイルスウォッシャーPRO』はパッシブ型空気清浄機で噴霧器には該当しません。

2020年06月09日